• アルバイトマニュアル
  • アルバイト体験談
  • アルバイト悩み相談室
  • アルバイト求人情報

アルバイト求人のラピジョブ > アルバイトお役立ち情報 > アルバイト悩み相談室 > アルバイトにも有給休暇はあるのでしょうか?

アルバイトにも有給休暇はあるのでしょうか?

悩む女の子

知らない人も多いですが、半年勤続と労働日の8割出勤していることを条件に有給はあります。

正社員や契約社員の場合、休暇日をとっても賃金が支払われる有給休暇が設けられています。
有給休暇の日数は勤めた年数や会社の規定によって異なりますが、有給休暇は休んでもお給料がもらえるので被雇用者にとってはとても重要です。

ではアルバイトにも有給休暇はあるのでしょうか?
アルバイトで有給休暇をとったことがないという方が多いと思いますが、実はアルバイトでも有給休暇をとることは可能です。
正社員であるかアルバイトであるかという雇用形態に関わらず、一定の要件を満たせばアルバイトにも有給休暇が与えられる旨が労働基準法39条で定められています。
その一定の要件は以下です。

「雇入れの日から6か月間継続して勤務していること」
「全労働日の8割以上出勤していること」

この2点を満たしている場合は、アルバイトでも有給休暇をとる権利が発生します。
アルバイトをはじめてから半年経過している、かつ全労働日の8割に出勤していれば有給休暇をとることが可能になります。
社員と同じくらい出勤している場合は有給休暇が与えられますし、要件に見たない場合は比例付与という形式の有給休暇が与えられることになっています。

例えば週に4日出勤していれば7日間の有給休暇を使う権利が発生します。

通常なら1日単位で有給休暇をとりますが、平成22年4月に労働基準法の一部が改正され、時間単位で有給休暇をとることも可能になっています。
ですので1日の労働時間のうち、1~2時間のみ有給休暇をとることもできます。
その1~2時間は働いていなくてもお給料がもらえるのでかなり助かります。
急な発熱やどうしても外せない用事ができた場合、有給休暇をもらって休むのもひとつの方法です。
アルバイトでは有給休暇はもらえないと思っている方も多いと思いますし、他のアルバイトの方が有給休暇をとってないとなかなか言い出しづらいかもしれませんが、法律で定められているので遠慮することはありません。

֘Aly[W

カテゴリ

アルバイトマニュアル

アルバイト体験談

アルバイト悩み相談室

記事リクエストフォーム

ご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は
行っておりません。
>>返信の必要なお問い合わせはこちら