• アルバイトマニュアル
  • アルバイト体験談
  • アルバイト悩み相談室
  • アルバイト求人情報

アルバイト求人のラピジョブ > アルバイトお役立ち情報 > アルバイト悩み相談室 > アルバイトのお給料からは何が引かれているのですか?

アルバイトのお給料からは何が引かれているのですか?

初めてアルバイトのお給料を受け取った時、「あれ?思っていたより少ない・・・」と思った方は多いのではないでしょうか。

アルバイトの時給を計算すると働いた分よりもお給料が少なくて、計算が間違っているのでは?と思ってしまいがちですが、アルバイトのお給料からは税金が引かれているので少なくなっています。
所得税と住民税が天引きされていたり、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など社会保険が天引きされることもあります。
正社員は厚生年金や雇用保険が適用されますが、アルバイトの場合は会社によって適用されるかどうかが異なります。
勤める前にどの保険が適用されるかどうかの確認をしておくと良いでしょう。

アルバイトでは年収103万円を超えると住民税と所得税がかかる仕組みになっているため、アルバイトに入る日や時間を調整して年収を103万円以下に抑えているという方も多いです。

正社員の場合は所得税・住民税・社会保険はお給料から天引きされますが、アルバイトの場合はバイト先によって天引きされるかどうかが違っています。
所得税・住民税は義務なので本来はお給料から天引きされますが、アルバイトを掛け持ちをしていたり短期のアルバイトも多いので、アルバイトのお給料からは所得税・住民税を天引きしない会社もあります。
年収が103万円を越えていて、所得税・住民税が天引きされていない場合は自分で確定申告して税金を支払わなければなりません。

他にも寮費、食費などアルバイトから引かれることが前もって決められる労使協定が交わされている場合は、お給料から天引きされます。

労使協定を交わす場合は事前に知らされると思いますが、もし知らされていない場合は会社に聞いてみましょう。
税金や労使協定の天引きを差し引いても、どうもお給料が少ない場合は会社に確認する必要があります。
計算ミスでお給料が少なくなっていることもあるので、お給料を受け取ったら時給と労働時間を照らし合わせて正しい金額になっているか確認しましょう。

֘Aly[W

カテゴリ

アルバイトマニュアル

アルバイト体験談

アルバイト悩み相談室

記事リクエストフォーム

ご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は
行っておりません。
>>返信の必要なお問い合わせはこちら