• アルバイトマニュアル
  • アルバイト体験談
  • アルバイト悩み相談室
  • アルバイト求人情報

アルバイト求人のラピジョブ > アルバイトお役立ち情報 > アルバイトマニュアル > マナー > アルバイトの電話をかける時の正しい敬語の使い方

アルバイトの電話をかける時の正しい敬語の使い方

マナー

アルバイトの応募のために電話でかける際、敬語の使い方次第で印象が左右されます。
自分では正しいと思っている敬語でも、実は違っているというのはよくあることです。
勘違いしてしまいがちな敬語についてまとめましたので、アルバイトの応募電話する前にチェックしてみてください。

【役職名】

求人に採用担当者の役職名が書いてある場合、つい「◯◯部長いらっしゃいますでしょうか」と言ってしまいたくなりますが、名前に役職名を付けるのは自社の人を呼ぶ場合のみです。
採用されてからならこの呼び方で問題ありませんが、応募電話では役職名はつけずに「◯◯様いらっしゃいますでしょうか」と言いましょう。
「◯◯様」の前に「採用ご担当の」とつける方が良いですね。

【御社・弊社】

会社の名前を呼ぶ際、「御社」「弊社」という言葉の使い分けが必要です。
「御社」は相手の会社の名前を呼ぶ際に用いるので、採用前は「御社」と呼びましょう。
「弊社」は自社を指す時に使う言葉なので、採用された後は「弊社」と呼びます。
「御社」と同じ意味の「貴社」という言葉もありますが、「貴社」は書き言葉で使うため、メールや書面での応募の際に使用します。

【私(わたくし)】

部活動やサークルの先輩に対して、自分のことを指す場合に僕、俺、私(わたし)という言葉を使っても問題ありませんが、アルバイトでは男女関係なく自分のことは「私(わたくし)」と表現します。
アルバイトが初めての場合、「私(わたくし)」という言葉にちょっとした恥ずかしさや違和感を覚えるかと思いますが、社会人はみんな自分のことを指す時は「私(わたくし)」と呼びますので、使っているうちに慣れてきます。
特に面接では自分のことを指す機会が多いと思いますので、間違っても僕や俺と言わないようにしましょう。
普段使い慣れていない方は、面接前に「私(わたくし)は~」と発声して練習しておきましょう。
面接では緊張から僕や俺を使ってしまいそうになりますので、注意が必要です。

֘Aly[W

カテゴリ

アルバイトマニュアル

アルバイト体験談

アルバイト悩み相談室

記事リクエストフォーム

ご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は
行っておりません。
>>返信の必要なお問い合わせはこちら