• アルバイトマニュアル
  • アルバイト体験談
  • アルバイト悩み相談室
  • アルバイト求人情報

アルバイト求人のラピジョブ > アルバイトお役立ち情報 > アルバイトマニュアル > 面接 > バイトの応募で留守電になった場合、メッセージを入れておいた方がいいですか?

バイトの応募で留守電になった場合、メッセージを入れておいた方がいいですか?

きちんとした内容が話せれば残しましょう。

求人を見てアルバイトの募集先のお店に電話したはいいものの、電話に出ず留守電になった時は困ったしまいますよね。
留守電にならなければ切るしかありませんが、留守電に切り替わったら何かメッセージを残した方がいいのかな?と考えてしまいます。
考えているうちに留守電の録音が開始してしまうので、事前に留守電になる可能性も想定しておくと留守電になった時に慌てずに済みます。
慌ててメッセージを残そうとして取り留めのない内容だと応募前からいい印象を持たれない可能性があるので、メッセージを残さないなら残さない、残すならきちんとした内容のメッセージを残しましょう。

もちろん残した方が本気度は伝わるでしょう。

ではアルバイトの応募の電話で留守電は残しておいた方がいいのか?という質問に対する答えですが、本気で働きたいと考えているならメッセージを入れておいた方がいいでしょう。
メッセージを入れるなら、求人を見て応募の電話をしたこと、自分の名前、また連絡をしますという3つは最低でも含めておきましょう。
例えば「求人を見てお電話をさせていただきました◯◯と申します。改めてお電話させていただきます」というごくごく簡単なメッセージで構いません。
電話番号を伝えると相手からの電話を催促することになるので、電話番号はメッセージに残さない方がいいでしょう。

忙しい時間にかけて、留守電。ということは無いように注意しましょう。

お店や会社の営業時間外だと留守電になってしまうので、電話をする前に営業時間を確認しておきましょう。
飲食店はランチやディナーの時間帯は混み合いますので、多忙ではない時間帯を選んで電話をかけるなどの配慮も必要です。
求人に電話が可能な時間帯が書いてあれば必ず守りましょう。
お店側が受け付け可能な時間帯を書いているので、それ以外の時間帯に電話してしまうと心象を悪くしてしまいます。
それだけで落とされるわけではありませんが、求人内容をしっかり読むこともアルバイトに受かるために必要なステップです。
たかが電話と思わずに、留守電になることも想定し、留守電になった時に残すメッセージも考えておくと変な失敗をせずに済みます。

֘Aly[W

カテゴリ

アルバイトマニュアル

アルバイト体験談

アルバイト悩み相談室

記事リクエストフォーム

ご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は
行っておりません。
>>返信の必要なお問い合わせはこちら