• アルバイトマニュアル
  • アルバイト体験談
  • アルバイト悩み相談室
  • アルバイト求人情報

アルバイト求人のラピジョブ > アルバイトお役立ち情報 > アルバイトマニュアル > 退職・辞め方 > 人手不足でバイトを辞めされてくれないのですが、どうすればいいのですが?

人手不足でバイトを辞めされてくれないのですが、どうすればいいのですが?

スマートフォンを見る女性

引き止めがあってもはっきりと伝えましょう。

アルバイトを辞めようと思っても、人手が足りなくて引き止めされている場合、ハッキリと辞める日を明示する方が良いでしょう。
アルバイトには辞める権利があるので、辞めたいのに引き止めにずるずる応じているといつまでも辞められません。
「新しいスタッフが入るまで」という引き止め文句を言われるケースが多いと思いますが、いつ入るのか分かりませんし、そうした口約束は引き止めの理由に過ぎないので辞める意志が固まっている時はいつまでに辞めるというのはハッキリと決めた方が自分のためです。
先延ばし先延ばしになると、新しいスタッフが入っても今度は新しいスタッフが仕事を覚えるまでという理由で引き止めされる可能性もあるため、もし新しいスタッフが入ってくるまでという約束をしたなら、しっかり約束を守ってもらいましょう。

契約期間満了の場合は、遠慮なく。ただし、事前にきちんと伝えましょう。

契約期間が設けられていれば期間満了まで働く必要がありますが、契約期間が終わっていたり期間が定められていない場合は辞める意志を伝えれば辞めることができます。
何の報告もなしに明日辞めますというのはさすがに無理ですし、最低でも2週間前までには辞める旨を伝えるのが常識ですので、事前に辞める意志を伝えておけば通常は特に問題なく辞めることができます。
もしも約束の日になっても辞めさせてくれず、いつまでも退社が認められない場合は労働基準監督署に相談することも必要となります。
自分では解決できないと判断した場合は、労働基準監督署に相談してどうすれば辞められるのかを相談してみましょう。
あまり話がこじれるのもお互い困りますので、辞めると決めたなら引き止めされてもすっぱり辞めた方が良いかと思います。
アルバイト先にもシフトの都合がありますし、お世話になったアルバイト先の都合に合わせて少しの融通を効かせるぐらいなら問題ないでしょう。
アルバイトを辞めれない一番の理由はずるずる引き止めされることですので、辞めると決めたらハッキリと辞めますと伝え、引き止めが長引いてる場合は辞める日時を明確に伝えましょう。

֘Aly[W

カテゴリ

アルバイトマニュアル

アルバイト体験談

アルバイト悩み相談室

記事リクエストフォーム

ご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は
行っておりません。
>>返信の必要なお問い合わせはこちら