• アルバイトマニュアル
  • アルバイト体験談
  • アルバイト悩み相談室
  • アルバイト求人情報

アルバイト求人のラピジョブ > アルバイトお役立ち情報 > アルバイトマニュアル > 退職・辞め方 > 契約期間中にバイトを辞めることは可能でしょうか?

契約期間中にバイトを辞めることは可能でしょうか?

基本的に契約期間中の退職は難しいです。

正社員や契約社員の場合は契約期間が設けられることがありますが、アルバイトの場合は契約期間を設けないのが一般的です。
しかし、短期集中のバイトなどでは契約期間が設けられている場合があります。
例えばお中元のアルバイトや繁盛期限定のアルバイトなど、一定の期間働くことを条件に採用されるアルバイトもあります。
契約期間が定められている場合、契約期間中は辞めることは難しいでしょう。
契約書にサインをしている場合はさらに辞めにくいですし、契約書がなくても契約期間の条件を承諾して採用してもらったなら事前の約束を違えることになります。
お店や会社にとって1人でも人材が減ると他のスタッフや社員に迷惑がかかってしまいますし、シフトに影響してきます。
思っていたよりしんどいから辞めたいといった自分勝手な都合により、契約期間中に退職意志を伝えるのはよろしくありません。

健康上の理由などについては認められるように、解約の申し入れができる法律もあります。

雇用期間の契約を交わしているものの、やむを得ない事情がある場合は解約の申し入れができるという法律もあるため、必ずしも契約期間中だから退職できないというわけではありません。
健康上の理由でどうしても勤められなくなったり、急な引っ越しに伴って通勤ができない場合など、やむを得ない事情がある場合は事情を話して退職について相談してみましょう。
やむを得ない事情であれ、こちらの都合で契約期間内の退職を申し出るわけですから、お店や会社ときちんと話し合って退職を許可してもらいましょう。

契約期間が定められていない場合、最低でも2週間前に退職の意志を伝えなければなりません。
できれば退職希望の1か月前には退職の意志を伝えておきましょう。
お店や会社のシフトの都合がありますし、新しいスタッフを募集しなければならないため、退職の意志は早めに伝えましょう。
退職時にはお店や会社から支給された備品や物品は返却しなければなりません。
制服を貸与されている場合は、クリーニングに出して綺麗にしてから返却しましょう。

֘Aly[W

カテゴリ

アルバイトマニュアル

アルバイト体験談

アルバイト悩み相談室

記事リクエストフォーム

ご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は
行っておりません。
>>返信の必要なお問い合わせはこちら