• アルバイトマニュアル
  • アルバイト体験談
  • アルバイト悩み相談室
  • アルバイト求人情報

引越しのアルバイト体験談

作業員

Y.Tさん(アルバイト歴1年/20代)

【仕事内容】

引っ越しのアルバイトを始めて1年ほど経過しました。
仕事内容は家財の梱包・運搬で、午前に1件、午後に1件というスケジュールがほとんどです。
女性スタッフが梱包をしてくれるので、男性スタッフは梱包された荷物を運び出す作業を担当します。
3~5月の引っ越しシーズンは1日3件まわることもあり、引っ越しの時期は依頼が重なるので忙しくなります。
引っ越しシーズンが終わり、6~8月ごろはそれほど依頼が多くないのでシーズン中と比べると余裕があります。

【アルバイトを通して学んだこと】

引っ越しのアルバイトは重い家具や荷物をたくさん運ぶので、自然と筋肉がついていきます。
体力には自信があったのですが、アルバイトを始めてから1ヶ月ほどは毎回筋肉痛になっていました。
引っ越し作業の回数を重ねるごとに筋肉痛を起こさなくなり、以前はかなり重たいと感じていた荷物もそれほど苦もなく持ち上げられるようになりました。
アルバイトが筋トレ代わりのようになっているので、家で筋トレをしなくても筋肉がつきますし、体力もつきました。
体が資本なので風邪などをひかないように、食事には気を配っています。
体力を使うので食事の量が増えましたが、その分動くので太ることはないです。

【楽しかった思い出と大変だったこと】

お客さんからお茶菓子をいただいたり、「ご苦労様です」「ありがとう」「重かったでしょう」など労いの言葉をかけていただけるのは嬉しいですね。
接客業ではないですが、人と接する仕事なのでお客さんとのちょっとしたコニュニケーションが楽しいです。

食器や陶器などの割れ物や、パソコンなどの精密機械を運ぶことも多いで、ちょっとした油断でお客さんの荷物を傷つけてしまったり、新築住宅の床に傷をつけてしまうことがあります。
体力を使う仕事なので時間が経つほと体力も消耗していきミスが起こりやすいので、疲れた時ほど集中するように心がけています。

֘Aly[W

カテゴリ

アルバイトマニュアル

アルバイト体験談

アルバイト悩み相談室

記事リクエストフォーム

ご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は
行っておりません。
>>返信の必要なお問い合わせはこちら