• アルバイトマニュアル
  • アルバイト体験談
  • アルバイト悩み相談室
  • アルバイト求人情報

アルバイト求人のラピジョブ > アルバイトお役立ち情報 > アルバイトマニュアル > 面接 > 髪を染めているのですが、バイトの面接前に色を戻した方がいいですか?

髪を染めているのですが、バイトの面接前に色を戻した方がいいですか?

茶髪など髪を染めている場合、アルバイトの面接前に染め直した方が良いのか、という疑問を持たれている方は多いことでしょう。

染髪がOKかどうかは業種によって異なるため、必ず染め直さなければならないということはありません。
染め直す方が良い業種はレストラン、居酒屋、コンビニ、ホテルなど接客業です。
接客業は従業員の印象もとても重要なので、髪色や髪型、ヒゲ、ネイルなどの規定を設けているお店が多いです。
接客業でもお店によって髪色も髪型も自由で、ヒゲを生やしていてもOKという場合もあります。

コールセンターや工事現場など、人と接する機会が少ない職場では髪色や髪型を自由としている場合が多いです。

接客をしないので髪色や髪型はあまり関係ないので、髪型にこだわりがある方は接客業以外の方が応募しやすいと思います。
接客業であるかないかが染髪OKかNGかのひとつの判断要素です。

募集要項に髪色・髪型自由とあれば特に染め直す必要はありませんし、髪色・髪型について言及していれば募集要項に沿って染め直したりヒゲを剃っておきましょう。
一口に茶髪といってもこげ茶のような薄っすら茶色がかっている場合はそれほど気にされることもないと思いますし、もし面接で染め直しが必要となったらバイト先の規定に従って染め直しましょう。
もし髪色・髪型、身だしなみについて特に言及していない場合は、お店の業態をふまえた上で染め直すかどうか判断しましょう。
接客業で奇抜な髪型や服装で面接に行くとそれだけで不採用となる可能性があるので、無難な髪型や服装にしておいた方が安心です。

髪色・髪型自由のアルバイトも探せば結構見つかります。

常識を逸脱した服装でない限りは問題はないと思いますが、バイトの面接は初対面なので見た目の印象も採用に少なからず影響してきます。
アルバイトに応募する際は時給や仕事内容だけでなく、髪や服装など身だしなみについてのチェックも必要です。
募集要項に身だしなみについて言及している場合は、条件に合わせて身だしなみを整えてから応募しましょう。

֘Aly[W

カテゴリ

アルバイトマニュアル

アルバイト体験談

アルバイト悩み相談室

記事リクエストフォーム

ご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は
行っておりません。
>>返信の必要なお問い合わせはこちら